種から育てるガーデニングの楽しみ方!人工芝や木材で植える場所準備

男女

上手に保存しましょう

庭

種の保存方法とは

植物の種を上手に保存することができれば、野菜や花を楽しむ上で大きなプラスになります。自分で育てた植物から種を取り、翌年も楽しむことができるのです。種の保存で基本的なことは、乾燥状態を保つことです。種は湿度を嫌います。乾燥剤などを入れて密封することが必要です。保存場所も水回りなどの多湿な場所を避けるようにします。さらに、温度が高い状態も苦手です。高温な場所で保存すると、元気がなくなってしまいます。関連して、日光も避けましょう。種は暗いところで保存するのがよいのです。多湿、高温、日光を避ければ、種は元気に長持ちします。簡単なのが、冷蔵庫での保存です。缶などの密閉容器に乾燥剤と一緒に入れればOKです。

冷蔵庫以外の保存法とは

冷蔵庫は、種の保存に適していますが、冷蔵庫に入れなくてもよい場合もあります。翌年には播くのであれば、保存期間が短いので室温でも保存が可能です。種を元気に長持ちさせるために温度、湿度、光に気をつける必要があります。光が入り込まないように缶などに入れ、乾燥剤も使用します。フタはテープなどで密閉しましょう。そして、できるだけ温度の低い場所に置きます。これを室温低湿保存といいます。冷蔵庫での保存は、冷蔵低湿保存です。冷凍低湿保存というのもあります。これは種を凍らせて保存します。種を乾燥させてから凍らせると、うまくいった場合に何年もの保存が可能になります。大抵は翌年撒くので、室温低湿保存でよいでしょう。

人工芝や囲い用の木材を準備

種の保存法を知ったら、いよいよ季節に合わせて植物を育てる準備をしませんか。何事にも準備は必要不可欠で、種を植えるためのスペースを前もって準備しておくために庭先の位置スペースを確保しておくのも悪くありません。スペースを確保するために、囲い用の木材や人工芝を設置しておくのがおすすめです。

RECOMMENDED SITES

  • 国分グリーンファーム

    人工芝は専門の通販サイトで購入出来ます。自宅の庭の見た目を改善したい方必見。ぜひこちらをご確認ください。
  • 伐採110番

    伐採を大阪で相談してみよう。木のタイプに合わせて最適な料金が決められており、追加料金の心配がありません。
  • Hyponex

    トマトの育て方で悩んでいることはありませんか?こちらでは育て方のノウハウを学ぶことができるので見てみよう。

かなり大変な作業

園芸

庭先をいつもきれいに保つのに必要な草むしりは、本来労を費やす作業だとしてそれをできるだけ簡単にすませることのできる除草剤を使う方法があります。除草剤の使用によって、手入れの行き届いた庭をいつも維持できることになります。

More...

庭を彩るための道具

ガーデニング

自宅でガーデニングをするならば、まずはモノを揃えていかなくてはダメです。では、ガーデニング用品はどこで買うのかというと、インターネットの通販サイトを利用するのかベストです。納得のいく価格帯で購入可能です。

More...

木々を揃えて景観整備

剪定

世の中にはいろんな商売がありますが、その中には自宅の庭木の剪定を行ってくれるところがあります。きちんとした技術力で対応するので、満足のいく庭を手にすることができます。これで、素敵な庭へと生まれ変わります。

More...